2015年02月10日

頚部脊髄不安定症、脳脊髄炎 

 ぱぱ元気にしてるぅ〜 と  声が聞こえて来そうなほど更新もせず、ご無沙汰してしまっております。
還暦秒読み前に、kooに気がかりなことが起きてしまいました。
覚え書きをしておこうと思います。

さて・・・・
  更新していきなりの病気の話なので、関係性がないと感じた方は、どうかスルーしてください。




先日のことでした。
 帰宅しその夜のこと

kooが横になって起き上がるときに「ひゃん」と鳴いた。
「えっ〜?」と思って体中を触り確認するも普通に歩くし首の高速パタパタしても痛がることもない。


だがその後また横になって起き上がろうとして、再び「ひゃん」と…

おかしい・・・・  ?


夜中に、2度ほど同じように、単発ではあるが「ひゃん」と鳴いた。

???

日曜日 朝 ごはん前後1時間の間に 「ひゃん」と鳴き、明らかに鳴く頻度が多くなる。


ただ事でなく不安がまし、日曜日ということもあり、救急病院に駆け込み応急処置対応処置

月曜日、専門病院に見ていただきました。

診断の結果
確実にこの病気と言う確定は、少し時間がかかるようですが、頚部脊髄不安定症もしくは、悪くすれば脳脊髄炎との診断にかなりへこんでおります。

現状は初期段階、さらに症状が進めば、CT、MRI造影になる検査になりますし、全身麻酔しなければいけなくなります。




思い当たる出来事といえば、ワンコさんとの絡みで、ああいう転び方は、まれなんですが、捨て身でドスンと真横に転んだことと少し激しいバトルがあったんですが・・・・
 たまにあることだし、その時は痛がることもなかったので、気にすることもなかったんです。


サイトハウンド系の 首が細く長めの犬種には、この病気は、多く発生する傾向があるという主治医委の説明がありました。

そこで、お尋ねしたいのですが・・・・・

家の子、同じ病気で治療してるよ〜   
こんな治療方法あるよ〜
こんなとこは避けた方が良いよ〜 

などなど
お話をうかがえる方が見えましたら
是非、情報を共有させて下さい。

よろしくお願いします。



ニックネーム 海空パパ at 18:11| Comment(2) | 病気記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

朝晩に秋の気配

 2日ほど前から、セミの鳴き声も急にやみ、朝晩はすごしやすくなりましたね。
 これで夏も終わりと思いたい所ですが、まだ残暑ももう一山来そうな気配・・・   もうひと頑張りですよね(^^;
 
 さて、今日はkooのウンチの話なんで、食事中の方はパスしてくださいませませ f(^^;)

 1歳の誕生日も過ぎ、順調に成長してくれていたのですが、それを過ぎたあたりから、病院のお世話になることが立て続けになりました凹
 一つ一つの症状は関連性もないように思われますが、しかしその結果といいましょうか、ウンチの状態がこの1ヶ月安定しないんです。
毎日の食事も6割がたぐらいしか食べてくれないし、それもいやいや食べてるという感じでどうしても夜遅くなってやっと食事をまともに食べられるという感じです。
 毎日の猛暑と熱帯夜で、エアコンもフル稼働という環境の中、皮下脂肪の少ないこの子達にとっては、良い環境ではなかったのかもということも原因の一つかとも反省しています。

 症状としては、朝1番のものは、良い感じなんですが、(体調の良い時は1日大体2度します) でもこの所は、そのすぐ後にし残しとで思えるように、再度トイレに行くんです。
 で、2度目は色もなんとなく黄土色で、軟便になるんです。
で調子の良くないときは、さらに3度、4度 となります。

 この3週間の記録とたどれば、下痢までなったことが2度ありまして
2度目は一昨晩で、この時は 血便が出てしまいました。

午前3時ごろ何度もトイレに行き5度目には血便でした凹
さらに、時間の経過とともに今度は嘔吐です。
昨晩食べたものがもう胃の中になくなり吐くものがなくなっても、胃液を吐きます。 回数は4度ほどありました。
最後には内容物は血が混じるようになりました。

 もちろんすぐに病院です。 
体重4.85K やはり少しやせたようです(^^;
検査の結果、肝臓数値、白血球数値が高く、十二指腸、胆のう辺りに炎症があるのではないか、その結果腸炎、胃炎を起してるのではという事のようでした。
 血液検査に、皮下注射、さらに皮下点滴と針3本@@kooはもうビビリまくりで何でこんな痛めにあわないといけないのぉ〜 って抵抗していました。でいつものお漏らしですわぁ〜(涙) 
ほとんど僕が押さえて注射してもらうんですが、物凄く体に力が入っているのが僕の手を通して判ります。
 普段でもあまり水分を取らないkooで困りものなんですが、この日はほとんど飲まなかったので、皮下点滴もいたし方ないですね・・・
 ラクダのコブのようにぷっくり腫れて、ホントびっくりです。 この状態をもみほぐし出来るだけ溶剤がまんべんなくいきわたるようにするんですがその痛みのせいかかなり嫌がっておりました凹
 
 どうしてこうなってしまっているのかということを一つ一つ消去法で試して行くしか方法はなさそうです。
 まずはフードですが・・・
現在病院推奨のフードなんですが、これを変えてみて様子を見ようと思います。
まだ先の話になりますが、もしこれでもうまく改善が見られなければ、手づくりにしてみようと思います。
 また、散歩中に何か拾い食いしてる可能性も考えられるということでこんな口輪もするように指示がありました ↓(;_;)
CIMG6708.bmp
これを装着して散歩してると、周りからいろいろと、どうしたの? 噛むの? かわいそうぉ〜〜 とかいろいろ言われます。(涙)
しばらくは、見るからにかわいそうででも我慢我慢ですわぁ〜凹  


 kooはこんな症状があっても、普段となんら変わらずとても活発なんです。そのギャップが大きくて、下痢や嘔吐しててもこんなに元気ということが困り者ですよねぇ〜

CIMG6704.bmp

今仕事中なんですが、こんな顔して僕の足元で静かにしててくれます。
歯が少し出てますねf(^^;)  
今日は今のところ、下痢も嘔吐もありません。
おきれば、ハイパーkooになりますから、今のうちにすることを済ませてしまわないとぉ〜 (^^;

 症状が早く落ちつきますように!!

 そうそう夕べ、海のお友達から電話がありいろいろ一杯お話できて・・・  
 声がとても若いので、同年代なんておっしゃって見えましたがなんだかとても信じられません。
ほんのひと時でしたが、海の時間に戻れたようでホント嬉しかったです♪




ニックネーム 海空パパ at 08:47| Comment(27) | 病気記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

元気が、ありあまってしまって (^^;

 抗生剤の影響もあるのかも知れませんが、ウンがどうもゆるくて(^^;
色も何だかオード色です。
しかし、koo様の様子はかなり平常に戻りつつ、僕の顔を見ては、”パパ何処かに連れてってぇ〜〜” と訴えています (^O^)
散歩の許可も出てるんですが、どうも心配症の僕ですから、慎重になってしまいます。



kooはだれていじけてしまっておりま〜す
 
昨日細菌検査結果が来ました。
やはり抗生物質の効かない耐性菌3種類が見つかりました。
(ややこしい菌の名前ですから、知りたい方は、御一報くださいませ、ませ)  
 ドレーンを貫通させて洗浄という方法が一番的確だったんだと思いました。 
かさぶたが張ろうとするとその都度はがされ凹 洗浄ですからねぇ〜
僕が抑えてる訳でして(涙) 結構kooと一緒になってビビってますよ凹  昨日なんか、koo様漏らしてしまいました (涙) 

洗浄も最後という事で、これで来週もう1度診察が終わればほぼ終了と言う言葉を先生に頂き、やれやれです。

色々心配かけた沢山のお友達に、感謝感謝です♪ ありがとう♪

 という訳で、病院ともこれでしばらくは行かなくてもといいたい所ですが、 、狂犬と予防接種がそろそろ1年になるので、koo様災難はまだまだ続きますぞぉ〜 (^凹^)  
ニックネーム 海空パパ at 14:51| Comment(32) | 病気記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

退院許可が出ました m(._.)m

 沢山のお友達に心配をおかけして、本当にすみませんでした<(_ _)>

何とか退院許可も出て、ドレーンの入った患部内部の殺菌洗浄の為の通院治療にしていただけました♪
 部屋ではほとんど鳴く吠えるなどということはしない子なんですが、さすがにパパは面会は来るのに、そのたびに置いてきぼりというkooの頭では理解できない現状にさすがに一昨晩からは激吠えしていたようです。
先生は、”それだけ要求が出来るのは、元気になった証拠だね” っておっしゃいました(^^;  
多分迷惑かけていたんだろうなぁ〜  f(^^;)  
 看護士さんがkooを僕に渡してくれた瞬間から、前足で僕の腕をしっかり抱えて、”もう離さないぞぉ〜”ってとても力はいってましたよぉ(^O^)  イタグレのいるお家は多分良くわかると思うのですが、彼らって抱くと前足を上手に腕に絡めて来ますよね、あれです♪
あれがいつも以上にガッツリでしたぞぉ〜、今日はもう絶対に置いてかないでってその手の感触で伝わってきました (⌒▽⌒)アハハ
 診察の為離そうとしても、もう診察台の上に乗らないので、抱いたまま診ていただきましたよ(笑) 
 3泊の入院でkooは500gほど体重が減りました。人で言えば激やせですね(^^; 
 これも食べられない点滴という事で致し方なかったことです。

 原因が特定できない初日は、本当に不安で、消去法で1日目は内科治療でしたが、2日目にビックリするほどの腫れでしたから、もう頭が不安で一杯になってしまいました。

それ以降の治療は、結局は入院、全身麻酔、レントゲン、切開、点滴 などなど、の治療になってしまいましたが、これも致し方ないことです。 人のように言葉が話せたら、こんなにも大事にはならないような事でも、彼らたちはこういう方法しかないのでしょうね 凹

CIMG5798.JPG

 今回の病名は、専門用語で 口腔瘻管顎部膿瘍 だそうです。
ただ、今回のように酷い腫れになることはまれだそうで、採取した菌を培養して、どんな菌だったのかを調べるそうです。

 出来る事ならこんな経験はしないに越したことはありません。でもこの学習を将来忘れないように記録していきたいと思います。

今回のこと、色々心配かけた皆さんに感謝感謝です。



CIMG5790.JPGCIMG5815.JPG
エリザベスで身動きとれないので、自作でペットボトルを応用して小さめのを作ってみましたが・・・ (^_-)

エリザベスがストレスなのか、オシッコがダメダメになってしまってこれも徐々に元に戻す努力が必要ですし(^^;  瘻管部の取った後の穴がふさがるまではしばらくはかかりそうですし、慣らしも必要ですね。
 近じか復活しますのでその時はまた、遊んでやってくださいませませ

本当にありがとう m(._.)m
 
ニックネーム 海空パパ at 09:45| Comment(39) | 病気記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

心配をおかけしておりますですぅ〜 (;_;)

>今日は、朝は熱は下がっていたのですが、お昼にはまた熱が上がり、腫れが昨日の倍に近くに首から口元まで大きくなってしまって
夕方入院になってしまいました。
 原因を特定する為の精密な検査入院です。
また全身麻酔の署名を求められました。

>何か異物が何処かに刺さっている可能性も否定できないということもあわせて検査するようです。 ちなみにレントゲンの検査では金属異物は無く、骨の異常も見受けられないとのことで、鍔関節炎の疑いも薄れてきました。
 明日は、原因が特定できて、元気になったよって報告できるように祈ります・・・


↑と昨日までの経過でした。

CIMG5766.jpg
↑ これは3日入院前の腫れの酷い画です (涙)

主治医の説明を受けに今日面会に行きました。
 回りに心配をおかけしております<(_ _)>まずはその後の経過です。

骨などに異常は見られず、白血球数だけが正常値よりも高く(17900)外傷性の可能性の腫れや痛みから全身麻酔での口腔内の検査になりました。
これは歯垢除去などでも同じ処置になるのですが、熱が下がらない事腫れが酷くなった事などから、やむ終えない次の処置ということで、承諾しました。

結果、専門用語がかけません<(_ _)>  上あご、下あご、噛みあわせの一番奥のほう、つまりのどの入り口付近(かなり奥のほうです) の場所に、めんぼうの頭ががすっぽり入ってしまうような傷(穴)のような赤黒ずんだ所が見つかり、ほぼこれが原因で今の症状が出てるのではないかということでした。

ただ、口腔内の傷で、ここまで腫れが酷くなることはまれだそうで、少し疑問も残るような説明でしたし・・・
口の中って、結構簡単に出血するようなトラブルって日常茶飯事ですし、ここまで酷くなるってことが僕的には??? って感じがしてなりません。もしや、kooの免疫力、自然治癒力が少ない?? こんな質問をして見ましたが、あいまいな回答しかいただけませんでした。
場所がかなりのどに近く、その傷も大きいと言う事、さらによからぬ菌がそこから入ってしまった為、今回のような症状になったのではないかという説明です。

処置としては、その傷口から腫れの内容物を洗浄するため、患部の切開と内部外部からドレーンを通す為の貫通処置と、患部の3針の縫合だったようです。

CIMG5774.jpg
↑ 首からドレーンが貫通しています凹
手には、点滴用の管が 凹 

どうして、こんな奥ににこんな傷が????・・・・
いくらそんな事を考えても、答えはわかりませんし、予測すら不可能な事は言うまでも無いのですが・・・・
主治医いわく傷からの所見ではどんな異物でこうなったのかは推測できないとのことでした。
ただ刺さっているのではなく、異物はなく凹みのような傷だけだったようです。

 kooの様子は、なんでぇ〜 なんでぇ〜 パパ〜 パパ〜 パパ〜
って言うような不安で一杯の表情で、全く元気がありませんでした(涙) 4月に去勢入院したばかりなのに、2たび全身麻酔ですもんね(涙) 短期間に大丈夫かとの不安もよぎります。
 言葉が話せないし、”痛いの少し我慢してお口の中見せて”って言ってもそんなことを聞き分けられる道理もありません。 今回のようなおお事の処置もいたし方ないのだと、自分に納得しなければいけないです。

 過去に色々な辛い経験をした僕にとって、薬に対するアレルギーがとても強く、少しでも穏やかに出来るものならという事を主治医もくんでくれての今回の経緯だったと思いますが・・・
ホント いつものことながら話せないこの達の治療は難しいですよ(涙)  
 説明と面会で3時間ほどkooを抱っこしていましたが、抱っこされながら安心しきってウトウトしていました。
今日は退院は無理とのことで、明日また面会に行くということになり、koo様を泣く泣く置いて帰宅しました。

 この子と2人暮らしの僕ですから、側にいてくれないと何も手につきません。 今まで嫌というほど学習しているはずなにのに、情けない話です(;_;)

 心配して駆けつけていただいた沢山のお友達に感謝ですm(._.)m  
 原因がほぼ判明したので、入院治療により数日後には回復してくれるものと思います。
本当に心配かけてすみません。 m(._.)m








ニックネーム 海空パパ at 18:27| Comment(20) | 病気記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

やれやれ (^凹^)

 昨日、無事タマタマくん撤去できました ♪
術そのものの時間は20分程度でしたが、その前後に要する時間が結構あって、結局帰宅したのは午後6時でした。

 kooは僕の所に来て、始めて僕から離される経験です。
術の準備の為、先生に手渡す時はもう緊張でブルブルで、”助けてぇ〜何するの〜 帰るぅ〜 いやだぁ〜” って目をしていましたよぉ凹

他の患者さんの急患や診察などあって2時間待ちした後、いよいよ術室に案内されました。 
すでにkooは台の上に仰向けにされ、麻酔で眠っていました。
一瞬に海の当時の様子が目に浮かび、言い知れようの無い言葉に出来ない感情が噴出し、緊張しました。
しかし、”きちんと見るんだ!!”と 自分に言い聞かせ・・・
主治医の ”始めます” の合図とともにいよいよ開始です。

体のほとんどが布で覆われ、幹部だけが露出している状態です。
驚くほど出血も少なく、その内容は鮮明に目に入ってきました。
自分の目で確認しながら進んで行くその様子に立ち会うことを許していただいたこと、自分自身に納得できた事本当に良かったと思います。
摘出されたタマタマは本当に綺麗でしたよ (^凹^) でも、同じ男としては複雑ですがぁ〜 凹
 
外部の皮膚の縫合糸は、抜糸するようですが、内部の縫合で中に収めてしまう糸は一体どうなるの? 
発見と言うか、聞いておきたい事もあって主治医に尋ねて見ました。

主治医いわく、解ける糸、また絹糸など使用すると、アレルギーが出ることもあるそうで、ナイロン製を使用と言う事、さらにこの糸は一生この状態体内に残るそうです。 ”そうなんだぁ〜” と何だかずっと残ってしまって大丈夫なのかぁ〜 と心配になりました。

麻酔は、適量の約半分程度で最低限の量で短時間にすませた結果、心配していた麻酔も、術後10分程度でさめ、緊張も解けました。


すぐにkooを抱かせていただき やれやれ〜・・・ 
koo頑張ったよって、抱きしめました ☆彡☆彡☆彡
本当は、ICUに入れて2時間程度安静にさせるはずだったようですが、僕が抱いていたほうが、安静に出来るかなぁ〜 と先生に言っていただきそのまま抱かせてもらいました♪

きっと凄く怖かったんでしょね・・・
朦朧としている意識の中でも、僕にしがみついてきます。 
もう大丈夫、大丈夫だよってなだめながら、自分の緊張も解けて、抱きながら待合室でウトウトしてしまいました。

やっぱり自分の手の中にいないとダメなんですね(^^; 触れていると本当に安心できます。

帰宅後も僕の膝の上から離れません。
食事もお水もまだ今日はダメなんで、可愛そうですがそのまま就寝することしましたが、夜間4度ほど、ヒヒヒヒィ〜と突然鳴き出します。
ビックリして起きてなだめたのですが、始めは夢でも見てるのかもと思いましたがどうも痛みが出てきたようです。
なだめながら、トイレもさせ、朝を迎えました (;_;)

エリザべスをさせないと、傷口を舐めて痛めてしまうのでといわれていましたが、本人はとても嫌がるので、このために用意した洋服を着せてその行為を何とか防ぎ、うまくやり過ごせそうなので、エリザベスは今のところ必要なさそうです♪
ただ、トイレの時は脱がせないといけない短所がありますので、ちょいの間介助が必要ですがぁ f(^^;)

少し昨日より患部も腫れています、まだ少し元気もありませんが、食事もとってくれたし、外出も少し出来たんで、徐々に、怪獣koo様復活の日も近いと思います あっはは≧▽≦

そんなこんなで心配おかけしましたが無事終わりました。
ありがとうございましたm(._.)m

DSC00798.jpgCIMG4285.jpg
この画の上部見てください、カーテンびりびりに破いてるでしょ (^^;
これだけ元気があれば、まっ大丈夫ですよね (⌒▽⌒)アハハ
ニックネーム 海空パパ at 09:47| Comment(19) | 病気記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする