2010年11月03日

飼育放棄イタグレの里親さんを募集してます!!

 2010年11月29日
 トライアル先が決まったそうです
レビンくん幸せになるんだよ!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1534sss.jpg

1536sss.jpg


YUKOさんのコメントです↓
先月名古屋市動物愛護センターに持ち込まれ、現在我が家で一時預かりをしておりますイタグレ(♂1才3ヶ月/ブルー&ホワイト/体重約5キロ/仮名レビン)
里親募集を開始いたしました。

里親募集のYUKOさんのブログです。
詳しくは ↓
http://yaplog.jp/rojumilove/archive/428


イタグレさんが、量販店のディスプレイに見られるようになった時、こんなことが起きるかも知れないことは予測してたのですが・・・  
最近本当に悲しいかな増えてます (涙)


埼玉方面でのイタグレ大量放棄もあったばかり 
激怒!!!!!


http://mainichi.jp/area/saitama/news/20101014ddlk11040228000c.html

http://living-with-dogs.com/modules/xfsection/article.php?articleid=1910



 この日本国という、国としての根本的な考え方を変えて行かなくてはこういうことが繰り返されると思います。
暖かな幸せな家族が1日に早く見つかりますようにご協力をお願いします。


ニックネーム 海空パパ at 10:18| Comment(8) | その他の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんとに可愛らしい子ですよね!!
素敵な飼い主さんが見つかってくださることを祈ってます。
Posted by ひろりん at 2010年11月03日 11:52
早速ありがとうございました。

お忙しそうですが、お体ご自愛くださいね。
Posted by YUKO at 2010年11月03日 11:59
>ひろりんさん
 ホント可愛いですよねぇ〜 
こんな子を、飼育放棄すること自体、悲しいことです。 今度こそこの子には幸せになって欲しいです。
Posted by 海空ぱぱ at 2010年11月05日 22:11
>YUKOさん
 いえいえ、リンク張らせていただいて、少しでも多くの方の目にはいって、今度こそ幸せな家族が見つかれば良いですね!
Posted by 海空ぱぱ at 2010年11月05日 22:15
 最近ペットショップでのイタグレさんを見かけることが一時に比べると、減ったかもって思っていたら、すぐに繁殖屋による大量の放棄ですから、お金儲けが出来なくなると悲しい現実になりますよね。
それにしても、あんなに沢山のイタグレさんを捨てるなんて人間のやることとは到底思えませんよね。パパの書いてる通り、やはりこんなにたびたび繰り返される悲しいことを減らすには、法律で厳しく規制することしか方法がないかもと私も思います!!!
リンク張らせてもらいます。
Posted by ライアン at 2010年11月07日 23:00
>ライアンさん
 埼玉のイタグレ放棄の件で、今回はチャンプ関連のお友達からも、連絡が入っておりました。 1度に沢山の放棄でしたし、こちらの地方でも里親さんを募ってもらえればと言うことでしたが・・・・
 イタグレは増えたとはいえ、まだ珍しい犬種だということで、里親さんも早くに全部決まったようです。
 こんなに毎回酷い繰り返しですし、本当に本質的な解決策を願わずにはいられませんよね。
Posted by 海空ぱぱ at 2010年11月10日 22:42
こんな可愛い子を捨てるなんて…!!
許せないです。
うちも前シェルティの女の子を保護したことがあります。
警察に届け、愛護センターにも届けたのに飼い主見つからず・・・。
命のリミットで、見ていられず、うちで預かることにしました。
とても賢くておだやかで可愛い子だったので、里親希望者も見つかったのですが、どうしても手放せなくなって結局うちでかうことにしたのですが、直後にフィラリアにかかっていることが発覚し、懸命に治療したのですが、数カ月でなくなってしまいました。
フィラリアなんて絶対防げる病気なのに・・・。とても悔しかったです。
今もよくその子のことを思い出します。
ほんとにこんなひどいことをするひとたちがいるっていうことが信じられません。
ちょっと思い出して泣けてきてしまいました。
レビンく今度は幸せになってほしいです。
Posted by チヒロママ at 2010年11月14日 17:18
>チヒロママ
 放棄されるお子達は、最低限のフィラリアや予防接種も受けさせていないんでしょうね(涙)  家族で迎えられている時もいい加減な飼いかたをされているのでしょう。
 こんな悲しい出来事が、日常茶飯事です。
 何だか辛く切なくなる出来事が多いですが、シェルティちゃん最後の短い時間でしたが、チヒロママん家できっと幸せに暮らせと思い僕ももらい泣きしそうです。
Posted by 海空ぱぱ at 2010年11月16日 09:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]